カメラマンを極める!

<前長崎市長銃撃>献花台前に冥福祈る…事件から3年(毎日新聞)

 長崎市の伊藤一長前市長が銃撃されて丸3年を迎える17日、市は事件現場となったJR長崎駅前に献花台を置いた。午前中から前市長の死を惜しむ人々が訪れて冥福を祈った。

 前市長を個人的に応援していたという長崎市岩見町の三浦登志子さん(76)は「惜しい人を亡くした。本当にいい人」と目を潤ませながら話した。献花台前で手を合わせた後、こらえきれずに手で顔を押さえ「伊藤さん、生き返ってもう一度、市長せんですか」と涙声で呼びかけた。

 市は命日の18日も献花台を午前9時〜午後5時半に設ける。

100円ライター消える? 幼児事故多発…来月中にも安全基準強化(産経新聞)
ライター規制で子供対策=5月中にも安全基準策定−不便さ、敬遠の懸念も・経産省(時事通信)
仙谷氏「歳入改革掲げ総選挙を」(産経新聞)
<自民党>谷垣総裁が近く「ツイッター」開始 ぼやき先行も(毎日新聞)
<馬淵副国交相>整備区間建設中止も…高速道に新たな枠組み(毎日新聞)
[PR]
by 2clbkkl0r1 | 2010-04-19 21:14
<< 3万6000円のマラドーナのト... 新党 二枚看板協調カギ 邦夫氏... >>



カメラマンのカリスマを目指して
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧