カメラマンを極める!

<麦わら帽子>生産が最盛期を迎える 愛知県蟹江町(毎日新聞)

 強い日差しが注ぐ夏に向け、愛知県蟹江町の「戸谷浩文商店」で麦わら帽子の生産が最盛期を迎えている。

【関連記事】矢口真里が麦わらで登場 彼氏は「ご想像にお任せします」

 麦わらや麻、い草などの天然素材で編まれた幅1センチほどの「真田(さなだ)」と呼ばれる平らなひもをミシンで縫い上げ、プレスで形を整えた後にリボンなどの飾りを手作業で付けて完成させる。

 ファッション雑誌に取り上げられたためか、今年は20年以上前に流行した「カンカン帽」の注文が多く、すでに約1万個の出荷を終えたという。

 麦わら帽子はショッピングセンターやホームセンターで1000円から1500円ほどで販売される。【大竹禎之】

【関連ニュース】
麦わら帽子:今年はカンカン帽が人気
<帽子のおしゃれ>上戸彩:「帽子一つで変身」秋葉原に出没 
<帽子のおしゃれ>40代からの帽子入門。上手に取り入れるには。
ジーンズ:生産地苦境 ファッション多様化や海外製流入で

地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会(医療介護CBニュース)
大阪・港区の男性死亡 330メートル引きずられた跡 防犯カメラに不審トラック(産経新聞)
卓上フラッグで「みどり33」PR(産経新聞)
不同意堕胎 逮捕の医師「ビタミン剤」と交際女性にメール(毎日新聞)
「農水相がゴルフ」報道 TBSが「取材不十分」と謝罪(産経新聞)
[PR]
by 2clbkkl0r1 | 2010-05-27 16:10
<< 各界から250人参列=鈴木元知... <警察庁長官>「弘道会に打撃を... >>



カメラマンのカリスマを目指して
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧