カメラマンを極める!

2人死亡事故で懲役14年=危険運転致死、初の裁判員裁判−千葉地裁(時事通信)

 飲酒のため運転が困難な状況で、女性2人を車ではね死亡させたとして、危険運転致死罪に問われた造園業、高橋浩二被告(45)の裁判員裁判で、千葉地裁(小坂敏幸裁判長)は28日、懲役14年(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。同罪での裁判員裁判は全国初。
 被告側は「運転困難な状況ではなかった」として、自動車運転過失致死罪が成立すると主張していた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
裁判員「プレッシャーで寝不足」=強姦致傷罪で懲役12年
女性死亡で押尾容疑者追起訴=保護責任者遺棄致死
審理日未定の地裁ゼロに=新潟で公判期日決まる
父に暴行、被告に懲役9年=遺体写真審理後、裁判員解任

長期化で裁判員裁判審理は困難 替え玉殺人中国人妻に無期(産経新聞)
首相動静(1月24日)(時事通信)
小野前衆院議員がみんなの党に入党(産経新聞)
小沢氏ほころぶ主張 3年前の会見検証「原資は寄付金」「土地相続できず」(産経新聞)
「兵庫・西宮野菜」生産スタート 有機野菜で勝負、青果店などタッグ、宅配好評(産経新聞)
[PR]
by 2clbkkl0r1 | 2010-02-01 10:36
<< 被告供述のTシャツから千葉大生... <普天間移設>辺野古の可能性低... >>



カメラマンのカリスマを目指して
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧