カメラマンを極める!

映画「天皇伝説」の渡辺監督を書類送検 無断でポスター掲示で略式命令(産経新聞)

 皇室をテーマにした映画「天皇伝説」などを撮った映画監督の渡辺文樹氏(57)が、電柱に映画のポスターを無断で掲示したとして、栃木県警に宇都宮市屋外広告条例違反容疑で書類送検されていたことが17日、分かった。渡辺氏は先月略式起訴され、宇都宮簡裁から罰金20万円の略式命令を1月28日付で受けた。まだ納付していないという。

 県警などによると、渡辺氏は昨年7月2日午後3時半ごろ、宇都宮市内の電柱に、市長の許可を受けず、「渡辺文樹監督作品ノモンハン」と印刷された映画のポスターを掲示した疑いで書類送検された。

 渡辺氏は平成20年、「天皇伝説」のポスターを無許可で張ったとして、警視庁公安部に軽犯罪法違反の現行犯で逮捕、起訴猶予処分となったほか、昨年12月、石川県でも無許可でポスターを張ったとして同県屋外広告物条例違反容疑で逮捕されたが、金沢地検は不起訴処分としている。

【関連記事】
日本人の心の中の天皇観が大切
菅氏と松野氏に居眠り疑惑浮上 天皇陛下御在位20年記念式典で
講書始の儀でのご進講内容、全文をHPに掲載
皇居への一般参賀、回数減らしても人数は減らず
【政論】皇居移転、幕府政治に戻すのか

SS船長を日本で聴取 平野官房長官が方針(産経新聞)
認知症の人の支援に「地域のつながり」を(医療介護CBニュース)
金嬉老事件 現場の旅館に資料館…戦後史に残る劇場型犯罪(毎日新聞)
トヨタ急加速事故急増「死者34人」米安全局(読売新聞)
外務省買い上げ廃止「外交フォーラム」休刊(読売新聞)
[PR]
by 2clbkkl0r1 | 2010-02-19 10:05
<< 再編にらみ 自民に火種 攻勢も... 地元産和牛の脂を活用したせっけ... >>



カメラマンのカリスマを目指して
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧