カメラマンを極める!

カテゴリ:未分類( 66 )

<土地購入事件>小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、小沢氏側は19日、任意での事情聴取に応じる意向を東京地検特捜部に伝えた。既に日程調整が始まったとみられ、早ければ今週末にも事情聴取が行われる見通し。

 事件では衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人が政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕された。04年10月に小沢氏から4億円を受領し東京都世田谷区の土地を購入しながら、資金受領や土地購入を同年の政治資金収支報告書に記載しなかった疑い。特捜部は原資を巡り小沢氏の妻にも聴取を要請した。

【関連ニュース】
小沢幹事長:聴取応諾回答で、地検と日程調整へ
陸山会土地購入:小沢氏が聴取応諾へ
陸山会土地購入:引き出しは3億円 石川議員供述と差
陸山会土地購入:地検捜査巡りシンポ
陸山会土地購入:虚偽記載、池田元秘書も容疑認める

<ロゴマーク>「YOSAKOIソーラン祭り」トラブル(毎日新聞)
上野原市長に贈賄申し込む 容疑の社長ら逮捕(産経新聞)
民主党大会会場の日比谷公園周辺、厳戒態勢に(読売新聞)
<宝塚歌劇団>雪組トップの水夏希さん退団へ(毎日新聞)
<センター試験>全日程を終了 病気などの961人が追試へ(毎日新聞)
[PR]
by 2clbkkl0r1 | 2010-01-21 12:26

参政権法案に閣僚から慎重論相次ぐ(産経新聞)

 政府・民主党が通常国会への提出を検討している永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について15日、閣僚から慎重意見が相次いだ。仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は「今の時期に(法案提出を)行うことがいいのか、じっくり考えなければいけない」と述べた。

 以前から法案に批判的な亀井静香郵政改革・金融相も「参政権は憲法上の国民固有の権利と規定されている。これとの関係を慎重に考えていくのが当然だ。外国籍で参政権を持ちたいなら帰化すればいい」と指摘した。

 また、小沢一郎民主党幹事長が政府提出法案とする考えを示したことには千葉景子法相が「議員立法が一番適切だ」、原口一博総務相が「国会での議論が基本だ」と反対した。これに対して、平野博文官房長官は「政府で出すことを前提に詰めていく」との方針を重ねて表明した。

【関連記事】
千葉法相が参政権で「議員立法が適切」
亀井氏、参政権法案は慎重に 「まず党内議論から」
小沢幹事長宅前に火炎瓶男 公務執行妨害で現行犯逮捕
参政権法案提出、3月下旬以降に 民主・山岡氏
原口総務相「意思に反し連れてこられた人に参政権、大事なこと」

<ゾルゲ事件>宮城与徳の勲章、モスクワで発見 遺族に(毎日新聞)
<自動車総連>賃金カーブを維持 春闘方針決める(毎日新聞)
通常国会提出を見送りへ=地方議員年金の改革法案(時事通信)
民主の「金権体質」、自民が追及へ=公明「わが党なら即辞職」(時事通信)
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」(産経新聞)
[PR]
by 2clbkkl0r1 | 2010-01-20 17:53

知人女性と子ども連れ回し、500万要求男逮捕(読売新聞)

 知人女性とその子ら計4人を車で連れ回し、女性の夫に身代金500万円を要求したとして、広島県警海田署は14日、広島市安佐北区可部、無職寺本光希容疑者(24)を身代金目的略取の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、寺本容疑者は、知人のパート従業員女性(25)と女性の女児3人(4歳、2歳、0歳)を、女性の乗用車に乗せて13日午後6時頃から同市内で連れ回し、さらに女性の夫(25)に、「警察に言うと家族の命がないぞ」などと女性の携帯電話からメールを送信して500万円を要求した疑い。

 同区内のホテルにいた寺本容疑者と女性らを捜査員が見つけ現行犯逮捕した。寺本容疑者は、凶器などは持っておらず、女性と女児らにけがはなかった。

鹿児島・熊本5年ぶり積雪、高速道ストップ(読売新聞)
行政書士と妻逮捕=架空会社で中国人雇用−資格外活動ほう助容疑・警視庁(時事通信)
遺棄容疑の33歳女を鑑定留置=ケース女性遺体−東京地検支部(時事通信)
<名古屋開府>400年記念展が開幕 市博物館(毎日新聞)
<ハイチ大地震>政府、医療チームを派遣(毎日新聞)
[PR]
by 2clbkkl0r1 | 2010-01-18 23:53

アザラシの子、千葉の漁港に迷い込み保護(読売新聞)

 千葉県いすみ市の大原漁港にアザラシの子供が迷い込んでいるのを近くの漁師が10日、見つけた。

 アザラシは衰弱しており、同県鴨川市の水族館「鴨川シーワールド」に保護された。

 灰褐色で体長約60センチ。同館の勝俣浩・海獣展示2課長(47)によると、北極海やオホーツク海に生息するワモンアザラシのオスで、1歳未満とみられる。

 子供のアザラシが房総沖までたどり着くのは珍しいという。

石川知裕議員の逮捕状請求へ 東京地検特捜部 (産経新聞)
秋からの朝ドラは「てっぱん」=NHK(時事通信)
本紙記者が占う芥川賞 大森兄弟、藤代が有力か(産経新聞)
「40人学級」見直しへ=小中の標準引き下げ議論−文科省(時事通信)
浅草リトルシアター 若手芸人に舞台無料開放(毎日新聞)
[PR]
by 2clbkkl0r1 | 2010-01-16 17:12

「コケ」や「花」も 多様化する「壁面緑化」(産経新聞)

 ■見た目の良さ、省エネ効果も

 美観やヒートアイランド現象の緩和への期待から最近、都会で壁面緑化をよく目にする。定番のツル性植物に加え、最近は「コケ」や「花」など新たな素材が登場。スタイリッシュな壁面緑化が広がっている。(津川綾子)

 ◆華やかな彩り

 ビルやマンション、公共施設の壁…。都心を歩くと、壁面緑化のためにこんもり緑色のコケを壁につけた建物にたびたび出くわす。

 その一つ「トーコー駒込ビル」(東京都豊島区)は昨年11月、中堅ゼネコン「東鉄工業」(新宿区)が自社のエコ技術を披露するショールームに改装。玄関横の外壁約16平方メートルが、乾燥に強いとされるスナゴケを植えたタイルやマットで緑化されている。「壁面緑化は日光の照り返しを和らげ、都心のヒートアイランド対策になる。殺伐としたビルの風景も心落ち着くものになる」と同社ECO2(エコツー)推進部の岡村直利担当部長。

 使用する壁面緑化用タイルは「近江窯業」(滋賀県甲賀市)が平成17年から製造。同社によると、1平方メートル当たり9万8千円するが注文は年々伸び、個人や企業から月60件程度の問い合わせがある。コケの伸びはせいぜい2センチ程度で、ツル性植物より手入れがしやすい。土いらずで軽く、壁面に向くのがコケの特徴だ。

 花を使った壁面緑化も増えてきた。サントリーは20年、「ミドリエ」のブランド名で緑化事業に乗り出し、壁面緑化システム「花のかべ」を販売。軽量なスポンジ状の新素材を土代わりに、ツル性植物やビオラやペチュニアといった花などの植物約40種類で、壁面を華やかに彩る。1平方メートル当たり17万〜21万円程度だが、これまで約160カ所で緑化を施した。

 ◆目でも楽しむ

 こうした壁面緑化の施工面積は年々増加している。国土交通省によると、20年の施工面積は約7万5400平方メートルで5年前の約5倍。壁面緑化はヒートアイランド現象の緩和効果が見込まれ、東京都農林総合研究センター(立川市)の17年9月の実験では、壁面緑化の壁の表面温度は何も覆っていないコンクリートの壁より5〜10度低かった。

 今年4月には東鉄工業など建設や造園など異業種15社が「EGD(エコグリーン&デザイン)工法技術研究会」を創設。植え替えが容易で、花を使った壁面緑化に向く新たなシステムの普及に乗り出す。「ヒートアイランド対策の効果だけでなく、目で楽しめる緑化を広げたい」(東鉄工業の岡村部長)という。

 矢野経済研究所の須貝利喜夫上級研究員は「今後は壁面緑化による空調面での省エネ効果にも注目が集まるだろう。使われる植栽も多様になり、デザイン性も高まるのでは」。コケや花など多様な緑化材の登場で、壁面緑化の広がりに拍車がかかりそうだ。

 ■「額縁コケ」で調湿作用

 絵画のようなコケによる室内緑化システム。考案したコケ研究家の武田みのるさんは「ミズゴケの機能で湿原に似た自然を作り出した。高い調湿作用は暖房による室内乾燥を抑えてくれる」。販売は北海道三祐(札幌)で、横浜にあるショールームの内野隆夫チーフアドバイザーは「コケが成長して表情を変えるのが面白く、若い人が興味を持ってくれます」と、生きたアートの魅力を話す。

【関連記事】
ビルの屋上・壁面緑化に商機 ヒートアイランド対策
マンション、工場など 屋上・壁面、安価な緑化可能に
コケで建物緑化 短期間で育成、芝生より手間かからず
安藤氏提唱の壁面緑化に名乗り 廣田証券ビル
“暑い”大阪府が「みどりの風」構想

漁師を極める!
さかきのブログ
ひろゆきのブログ
保育士のまたーりぶろぐ
冷静と情熱の間
[PR]
by 2clbkkl0r1 | 2010-01-15 10:22

米国でRA治療薬アクテムラの承認取得―中外製薬(医療介護CBニュース)

 中外製薬は1月9日、米国で抗体医薬品アクテムラが関節リウマチ(RA)治療薬として承認されたと発表した。親会社のロシュ社(スイス)が2007年11月に申請。08年9月にFDA(米食品医薬品局)から求められた市販後安全対策に関する計画と新規の非臨床試験のデータの提出に対応し、承認取得に至った。

 アクテムラは、中外製薬が阪大との共同研究で創製した抗ヒトIL-6レセプターモノクローナル抗体。治療薬の主流となっているTNF(腫瘍壊死因子)阻害薬のレミケード(田辺三菱製薬)やエンブレル(武田薬品工業)、ヒュミラ(エーザイ)とは作用メカニズムが異なる。米国では、1剤以上のTNF阻害薬の効果が不十分な中程度から重症の成人に使用する。

 日本国内では、05年4月にキャッスルマン病治療薬として承認され、08年4月にRAなど追加適応が承認された。日本のRA罹患者は約70万人で、08年に34億円だった売り上げは、09年には96億円に拡大する見通し。

 米国での販売は、ロシュ社の完全子会社のジェネンテック社が行い、中外製薬はロシュ社の売り上げに応じたロイヤルティーを受け取る。現在、米国の罹患者は130万人以上とされる。


【関連記事】
糖尿病治療薬市場に本格参入へ―中外製薬
エポジンの効能追加を申請―中外製薬
中外、「アバスチン」の追加適応を取得
タミフル売上高33倍などで大幅増収―中外製薬1−9月期決算
骨密度増加作用が向上した骨粗鬆症治療薬を承認申請

フリージアの少年
けいいちのブログ
クレジットカード現金化 比較
ショッピング枠現金化
ライブチャット
[PR]
by 2clbkkl0r1 | 2010-01-14 00:21



カメラマンのカリスマを目指して
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧